債務整理の手続きで借金の負担を減らそう|信頼できる事務所に相談

届け前の話し合いと証拠

法律

確実に取るために

最近ライフスタイルの変化や女性の社会進出が進んだことにより、離婚率が上昇しています。その中で慰謝料が発生するケースも多いですが、慰謝料には時効という物があり、これを過ぎると取れる慰謝料も取れなくなってしまいますので注意が必要です。ちなみに離婚の場合の慰謝料の時効は離婚成立後3年以内です。取りっぱぐれないようにするためには、必ず離婚届を出す前に話し合いを済ませておきましょう。早く離婚したいがために、届けだけを先にしてお金や他の話を後回しにする人が時々いますが、結局モメて時効前に決着がつかない事も少なくありません。これは養育費や財産分与、親権など離婚に関わる事すべてに言えることです。決めるべきことは全て離婚届を出す前に決めておくのが鉄則です。

少しでも多く取るには

離婚で慰謝料が発生する場合、少しでも多く取りたいというのが本音でしょう。そのためにはとにかく証拠が必要になります。例えば不倫が原因の場合には肉体関係があったことを証明するもの、家庭内暴力の場合には医師の診断書や怪我の写真など、その他詳細な記録などが証拠となります。この場合、一つ一つは証拠として弱くても、たくさんかき集めれば重要な証拠になり得る場合も多いので、証拠がないからと言って諦めない事が重要です。また離婚する相手にしてみれば、別れていく相手になどビタ一文払いたくない、と言う人が殆どです。そのため夫婦だけで話し合うと、どうしても感情的になってしまいがちなので、弁護士に間に入ってもらうのも良い方法です。